2011年06月05日

6月5日、この日に寄せて

久しぶりの更新ですみません。今日は私にとって大事な人のお誕生日なので、語りにやってまいりました。興味のない方はスルーしてくださいませ。




「Nine Blood」千穐楽の日、打ち上げ行ってきますという仲原くんの書き込みに対して今までなら「飲みすぎないように」というコメントをしそうな私ですが、あの日はあえてそのようなコメントはしませんでした。
なぜなら、あの日は思う存分カンパニーの仲間たちと飲んでもらいたかったから。

それに思う存分と言ったって、もう二度といつぞやのようなことはないでしょう。

私も、もうこのカンパニーでNBは観られないと思うと寂しくて……。観ているほうまで自然と笑顔になり幸せになる、それくらい本当に素敵なカンパニーでした。
打ち上げは朝までコースだったメンバーもいたらしいですが、ちゅうくんはどこまで?(笑)

今回もそうですが、仲原くんは仲間に恵まれていますね。ライフの仲間もそうだし、外部出演のときもたくさんいい出会い、ご縁があって。それらは全て大切な宝物です。仲原くんのいつも真摯に芝居に向き合う姿勢が、数々の宝物を引き寄せるパワーを生み出している気がします。


とても頑張り屋さんな仲原くん。「無理しないで」とは言いません。誤解しないでください、進んで無理をしろという意味ではありませんよ。けど、誰にも代わることができない。仲原くんの芝居は仲原くんにしかできないんです。だから、どうしても無理をしなければいけないときが多々あるはずです。

まして追い込み型の仲原くんは、いつも自分をストイックに追い込むことで自身を奮い立たせている。(だから以前ボクシングをやっていたと知ったときには、大いに納得)

今だってそうです。時間が空いたのなら少しゆっくりしたっていいのに………。それが出来ない人なんですよね。まだまだスピードダウンすることなく走りたい、だからゆっくりしている暇はない、ってことなのかな。

去年あたりから、ご自分のやりたいことや目指す方向を見据えているように感じます。そのために今の自分に決定的に足りないものが何なのかということも。だから休むことなく前進!前進!なんですね。

そんな仲原くんだから、私は今さら「無理しないでくださいね」なんて言いません。
でも決して「無茶」はしないでください。その境目をきちんと判断できるようにしておいて欲しいのです。この先もずっと役者として生きていくのなら。


仲原くんを見ていると感じる「強さ」と「あやうさ」。
以前から何度も手紙に書いてるし、このブログでも何度か語ってると思うので詳しくは書きませんが、私の考えは変わっていません。

たとえ強がりでも空元気でも、稽古中や本番中は仲原くんにはとにかく上を向いて胸を張っていてもらいたいんです。じゃないと崩れてしまいそうなあやうさを感じるから。


私は背中を引っ叩くような応援の仕方しか出来ない性格ということもあり、いつもハッパかける応援です。小言も言うし……。
こんな応援では有難くもなんともないのかな…と悩んだ時期もありましたが、それでもきっと気持ちは伝わると信じ、ずっと貫いてきました。
そして、去年いただいたバースデーカード…本当に嬉しかったです。感動しました。

メッセージの中に、「しっかり見てて下さいね!!更に上へ行きますので。」と書かれていました。
見ていますとも。仲原くんが頑張っているところも、苦しんでいるときも、目を逸らさずにちゃんと見ています。

そしていつでも想っています。真剣に想っているからこそ、怒るときは本気で怒りますよ。でももう二度とそんなことはないはずです。


夢に向かって、日々着実に歩を進めている仲原くん。たとえ半歩しか進めない日があっても、一歩戻っちゃうように感じる日があったとしても、顔を上げて前を見据えていてください。応援しています。
posted by 白ヤギ at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。